人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

やまさんのこと

やまさんと初めて会ったのは、Groovers Jamを始めて間もない頃。同じ小作 Lucilleでやってたフォークのセッションと時間だか日にちを間違えて我々のセッションにやって来た。なのに、何故だかやまさんはフォークより、こっちの方にすっかり馴染んでしまった訳で。どんだけ違うんよ?ってくらいフォークと我々の即興セッションとは音楽的に違う気がするけど──(笑)よく通るハートーンボイスに絶叫、奇想天外でアングラ臭漂う台詞回し、なんじゃこの人?って思ったのが第一印象。良くも悪くもジャンル分け不可能な人だった。

やまさんが、ワタシなんかの何を気に入ってくれたのかわからないけど、やたら演奏とか褒めてもらった。それでメールのやりとりが始まった。と言っても、ほとんどくだらない下ネタのオンパレードだったけど、たまに音楽のシリアスな話もした。そんな流れの中で、夏の下田の庄田次郎さんの"Spirits Rejoice"を紹介して、下田でも一緒に演奏した。やまさん本人は小爆発だったと言っていたが、打ち上げで朝まで飲んで酔っぱらって口喧嘩おっ始めちゃったり、とってもチャーミングな人だった(笑)下田で出会った次郎さんの事、アニキのように慕ってたな。

その後、病気の話なんかもちらっと聞くようになった。最初は冗談だと思ってたけど、どうやらそうではないらしいと本気で思ったのが秋くらい。その頃、ちょうど地球屋でのライブの話があって、対バンの「花&フェノミナン」さん達とやまさんもお知り合いだというので、"Secret Colors Feat.やま"という感じでゲスト枠を設けてライブを行った。その時のYouTube動画がこちらに上がってる。やまさんは自分の映像を記録したいみたいな事を言ってて、それじゃあって事でワタシがレコーダーを買った。今から思えば、この期を逃すと後悔するんじゃないかっていう予感はあった。その後もセッションには来てくれたが、とにかく体調がすぐれない様子でしんどそうだった。それでもやまさんは何か新しい表現を模索していた。やまさんは、自分の表現の核心は「痛み」だと言っていた。最後のライブは高円寺の無力無善寺。その時は仕事で行かれなかったのが悔やまれる。

やまさんが若い頃、現代美術家の大竹伸朗さんの実家アパートに住んでたという話を聞いて、その話に飛びついた。いろいろ昔話を聞かせてもらった。やまさんが大竹さんからプレゼントされたという作品も実際に見せてもらった。何か当時の話とかがオーバーラップする、そんな匂いたっぷりの素晴らしい作品だった。やまさんが当時、友人達と作ったという音源も聴かせてもらった。凄くぶっ飛んだ作品。そこには大竹作品に通ずる自由と反逆があった。理由はわからないが、やまさんが唐突に自分の若い頃の写真を送ってくれたことがあった。ギターを抱えてこちらを睨みつけてる視線の先に、やまさんが表現したい何かを垣間見た気がした。

「今朝早くゴミ出しのため外に出たんだ。青空に桜。心が和む。もちろん桜でガンを治す訳じゃないが。でも日記でのレス、メールは心強い桜だ。やってやろう!という気にさせてくれる。病は気から!は本当と思う」やまさんは最後まで前向きだった。4月に入って緊急入院したとメールがあった。嫌な予感。ワタシが「何が何でも死なないでよ。とにかく生きなよ!」ってメールしたら「ありがとう。人間簡単にはしなないよ」それが最後のメール。やまさんらしい言葉だと思う。

たった一年にも満たない時間だったけど、やまさんと一緒に演奏できて良かった。もっと早くに出会いたかった気もするが、今となっては──。
b0075025_7321247.jpg
という事で、やまさんこと、山本肇さんは4/19に永眠されました。心からご冥福をお祈りいたします。今週末のGroovers Jamは、やまさん追悼セッションになります。きっとやまさんも楽しみにしていてくれたであろうセッション。思いっきり馬鹿騒ぎして、やまさんをあっちの世界へ送り出してやりましょう。

SECRET COLORS presents "GROOVERS JAM"

日時:4/24(日) 13:00〜17:00   場所:小作 Lucille
東京都青梅市新町3-3-13 沖ビルB1F   参加費:¥1.000+1drink

by hiro_c5884 | 2011-04-19 17:00 | Comments(4)

告遅

気が付いたら日付が変わって今日です。こりゃ告知ならぬ告遅っつー事で──。

NEUTRINO Live

日時:4/17(日) 19:00〜  場所:高円寺 ガンバラネBAR
東京都杉並区梅里2-16-9 No Charge + drink


小川圭一(as)氏のグループ「Neutrino」にてBassで参加いたします。ミュージック・チャージは無料。オーダー料金のみでご覧頂けます。店内は楽器がいっぱい。音楽好きの集まる、とっても幸せになれる空間で、"Jazz"をお楽しみ下さい。気軽にふらっとお越し頂けると嬉しいデ ス。

SECRET COLORS presents "GROOVERS JAM"

Improvised(即興) HipHop バンド 「Secret Colors」がホストを務めるフリーなジャムセッション。参加資格、国籍、性別、年齢、経験、習熟度は一切不問。各種楽器はもとより、DJ、MC、 Dancer、Vocal...等、表現形態も自由。ただ "Groove" に身を委ねて己を表現するのみ。新しい音楽、HipHop, Funk, Jazz, Rock...の公開実験、且つ異種格闘セッション場。

日時:4/24(日) 13:00〜17:00   場所:小作 Lucille
東京都青梅市新町3-3-13 沖ビルB1F   参加費:¥1.000+1drink


回を重ねること8回目になる恒例のジャムセッション。見学だけでも大歓迎。PAシステム、楽器も揃っています。腕試し、肝試し。我こそはと思われる方は是非!今回も前回に引き続き、夜の部(!)もありますので、奮ってご参加下さいませ。

SECRET COLORS Live

日時:4/24(日) 19:00〜  場所:東福生 UZU
東京都福生市武蔵野台1-3-12 ¥1500 +1drink


一応、出演は「SECRET COLORS」名義になっておりますが、ジャムセッションからの勢いそのまま、有志の方々をゲストに迎え、賑々しく狂乱の宴へ...と考えております。今回は対バンも強力。福生と言えばこの人、中原宙さん。──と来れば、こちらも負けてはいられません。最強の助っ人庄田次郎氏他、最強の面子で迎え撃ちます。是非、皆さまお誘い合わせの上、ご参加下さいませ。
by hiro_c5884 | 2011-04-17 02:20 | Comments(0)

被災地(いわき市)フォトレポート

いつも我々の写真を撮ってくださっているS本氏が、先週末故郷の福島県いわき市に里帰り。その時の様子の写真が届いた。なんとも言葉を失う酷い状況。これはできるだけ多くの人の目に触れた方が良いと思い、ご本人の了承を得て当ブログにアップさせてもらう事にした。キャプションも脚色抜き、メールそのままに。その方が、正確なニュアンスが伝わると思ったので──以下。

福島県いわき市久ノ浜にて
b0075025_14414551.jpg
b0075025_1442087.jpg
b0075025_14422566.jpg
b0075025_14424034.jpg
b0075025_1443480.jpg
福島県いわき市久ノ浜 
 第一原発より 約31キロ付近

b0075025_14431710.jpg
b0075025_14433556.jpg
b0075025_14435529.jpg
b0075025_1444774.jpg

福島県いわき市久ノ浜

b0075025_14442717.jpg
b0075025_14443855.jpg
b0075025_14444885.jpg
b0075025_1445068.jpg
b0075025_14451112.jpg

b0075025_14452262.jpg
福島県いわき市久ノ浜

ほかの県の被災地では 少しずつ復興しているのに
ここまで 瓦礫が残っているというのは
やはり 原発の影響ですね
地震の日 この地域では
津波の後 大火事があったそうです
俺の地元の隣町で

b0075025_14453262.jpg
南に下がります
福島県いわき市豊間地区
ここは 町のすぐ後ろに山があるので
町がひとつ分 壊滅状態でした
久ノ浜より そう見えないのは
あまりの惨劇に 俺が中に入れなかったからです

b0075025_14454393.jpg
b0075025_14455413.jpg
b0075025_1446411.jpg

b0075025_14461556.jpg
福島県いわき市豊間地区

長年生きてきたけど
今回の被害を見たときほど
声が出なかったことは無かったです
マスコミも 放射能の影響が怖いせいか
なぜか取材はいつも 岩手と宮城。。。
福島も 実際はこんなにひどかったのだと
分かってもらえれば幸いです

b0075025_14462675.jpg
b0075025_1446399.jpg
b0075025_14465123.jpg
b0075025_144736.jpg
b0075025_14471462.jpg

今回被災された方々の心中を察するに、ホントに言葉も出ない。自分の故郷で、目の前に広がる光景がこんな状況の中、シャッターを押し続けたS本氏の気持ち。更に、この惨状に追い打ちをかけるような放射能汚染。いろんな感情が複雑に絡み合う。勿論、もっと大変な状況で被災された方々も沢山いらっしゃると思うし、被害の大きさで優劣を競うものでもない。自分がどうしていいのかわからない状態の今、大変烏滸がましいですが、こうやって現地の状況をお伝えするちょっとした助けにでもなれれば。できることをやる。それしかないと思うので──。
by hiro_c5884 | 2011-04-13 15:29 | Comments(0)

あれから一ヶ月が経って

東京都知事選。そもそもこんな時期に選挙なんて正気の沙汰じゃない。しかも混乱に乗じた姑息な遅出しじゃんけん、震災を「天罰」とのたまった、我がこころの天敵イシハラが(その失言は問題のほんの一部だが)懲りもせず再選されてしまうという悪夢。不安が広がる有権者に、安定を望む心理が働いた──そんな分析は何の役にも立たず。結果事体は重く受け止めねばならないが、一都民として、この結果は心底お恥ずかしい。もう昨夜から、ただただ何か黙っている訳にはいかず。書いては消し書いては消しの極個人的精神安定の為の駄文エントリー、以下、お付き合い頂ければ幸せで。

震災直後、これだけのことがあったんだから、みんな目が覚めるだろう。もう今までのやり方は通用しない。これからはこの狂ったシステムから本当の人間性を解放しより良い生き方を模索しシフトして行く、そしてその過程を世界に向け発信するのが我が国の使命だ!くらいに思ってた。そしてそれが余りにも惨い現実に対する僅かな希望の光であったりもした(今でもそう思ってる)でも、理想と現実、事はそう簡単にはうまく運ばないみたいだ。

喉元過ぎれば熱さを忘れる。余震も続きまだまだ混乱は続いてはいるものの、序々に平常を取り戻しつつある東京。被災地復興に全エネルギーを傾けられないのが歯がゆい。問題は、福島第一原子力発電所の存在。一歩間違えば、更なる深刻な事態に陥る可能性が高いにも拘らず、危機感の薄いメディア。無能な政府、東電、一丸となった大本営発表、マインドコントロール。無意味な自粛に計画停電。なかなか受け入れられない過酷な現実。人々の不安心理は、耳障りの良い言葉の方へなびいて行く。ただちに健康に被害はありません。あっちもこっちも嘘ばっか。何故、大本営発表と海外メディアが提示する情報は、こうも違ってくるのか。国民の生命安全と、賠償金額を天秤に掛け、政府は何万人を見殺しにすれば気が済むのか。空にも陸にも海にも放射性物質を垂れ流し、生態系をズタズタにぶち壊し、これからいったい何を食べて生きて行けというのだろう。ご都合主義で、どんどん見直される放射能基準値。どれだけ国民の命が危険に晒されようが、その因果関係は証明できず、被害は何年後に現れるかもわからない。正に核の完全犯罪。ほんとうにこの国は破局に向かってまっしぐらなのではないのか。日本はとことんダメになって腐り果ててしまわないと、再生の道は無いのかも。単なる思い過ごし、悲観論者の戯言、そんな危惧は杞憂に終わることを祈る。

こんな状況になっても変わらない原発推進論者の振る舞いは、いかに原発産業が利権の温床だということの証明に他ならず、君たちいったいどんだけ儲かってたのよ?って聞きたくなる。結局元凶は、自分さえ今さえ良ければという人間の利己主義。多少の事には目をつぶるが、自分で自分のケツも拭けず、テメエでやったことの後始末を何世代にも渡る後世に押し付けるっていうのは、どう考えたってキチガイ沙汰。人類が開けてしまったパンドラの箱。それを元に戻して封印する方法は果たしてあるのか?それでも、あなたはひとりじゃない、未来を信じて──そんな言葉が、今日も繰り返し流される東電のお抱え法人による広告。その言葉は虚しく響く。やっぱみんな狂ってる。

満開の桜。あれから澄み渡った青空を見上げ深呼吸しても、心地よい春風に吹かれても、何かこころの片隅にある違和感を拭い去れない。どうしていいのかさっぱりわからない。でも、あきらめない。無い頭をひねってひねって、なんとか知恵を絞って──。絶望は愚か者の結論なり。いや、絶望しても、またそこから始めればいい、のさ、きっと。

最後に開高健のこの言葉を。「明日世界が滅ぶとも、今日君は林檎の木を植える」
by hiro_c5884 | 2011-04-11 14:54 | Comments(0)

緊急告知!Special Sessionのお誘い

我が国は、未だ非常事態のまっただ中。そりゃもう頭の中はち切れんばかりにいっぱいいっぱい言いたい事はあるけど、うまく表現できなくて、何かしなくちゃって思うけど、具体的にじゃあどうすればいいのさ──書いては消し、書いては消し──としてる間に時間ばかりが経ってしまい、ギリ告知になってしまいました。はい、すんません。とりあえず言い訳から。

通常、毎月第二金曜に北千住 Knockにて行われている庄田次郎氏主催のFree Jazz Session。今回はその特別編。我々は「SECRET COLORS Feat. 庄田次郎」として出演。他に目玉企画というか初の試み、地元足立区の若手HipHopクルーを一堂に集めて大セッション大会やります。

庄田次郎 Free Jazz Session ~Birthday記念Special Edition~

日時:4/8(金) 19:30〜 場所:北千住 Knock
東京都足立区千住中居町29-1 三泉ビル B1F ¥1300 +1drink

出演:SECRET COLORS Feat. 庄田次郎/ライト兄ダイ/DJ MIZU/DJ RYO/NES from N.G.C/Rhyme Junk from N.G.C ...and more !!!


一応、出演者には通常のショーケース的にライブをやってもらいますが、今回のミソは、そこに乱入歓迎ルールを設けたところ。当然スリリングな展開は予測不能。鬼が出るか蛇が出るか、はたまた瓢箪から駒か?ま、そうすることでジャンルや世代の壁をとっぱらい、新しい息吹がそこから起こせればな──という狙い。ですので、当然出演者以外の参加も大歓迎。はてさて、どうなる事やら。乞うご期待!
by hiro_c5884 | 2011-04-06 05:03 | Comments(0)