人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ガソリン価格高騰 〜 燃費計で安全運転

関東甲信地方も梅雨入り。これから本格的な雨の季節であります。ワタクシといえば、先日の事故以来、雨の日の運転が怖くて仕方ありません。恥ずかしながら、ちょっとしたカーブでも、スリップしてしまうのではないかとビビりながらの運転。もうあれから二週間以上が経過するというのに、雨の日に車を走らせていると、あの時のスピンした感覚が未だにフラッシュバックして来て、妙な感覚に襲われる事が続いております。まあ、これは安全運転を考えれば良い傾向なのでしょう。雨の日の運転は憂鬱であります。あ、そうそう。安全運転と言えば──。

車を修理に出してる間、修理工場に出してもらった代車に乗っているのですが、その代車に装備されている「燃費計」これがなかなか秀逸。何を今さら──とおっしゃるなかれ。実はワタクシ燃費計装備車はこれが初体験。ワタクシの様なドライバー。即ち、運転技術が下手糞な割にスピード狂、過去に赤キップで免停になり、幸いにも通知は来なかったもののオービスを光らせた経験があり、どうしてもせっかちな運転になりがちな傾向を認識しつつも自分を変えられず、決して地球環境にも優しくないドライバーw。そんな奴を、一発で優良ドライバー(?)に変身させちゃう──という程、このメーターが及ぼす心理的効果はホント絶大。燃費計が安全運転に一役も二役も買ってしまうというお話を。

燃費の向上なんて、ほとんどアクセルワークによる過減速の仕方で決まってくる。極論だが、低燃費走行≒安全運転と言えなくもない。このメーターを見て、実際の数値を気にしながら運転してると、エコだの何だの、早く目的地に着きたいの、イライラするだの、そんな事を全部とっぱらって、それより「燃費!」ってなっちゃうの。具体的な数値で見せつけられちゃうとね、スピード出すより、やっぱ「ガソリン代もったいない!」ってなっちゃう。お金の力はやはり絶大。折しものガソリン価格の高騰。お財布直撃。将来的にも、エネルギー問題はこれから更に切実になって行くだろうから、燃費計の意義も相対的に上がって行く事でしょ。きっと。

でもお金云々だけじゃなく、メーターが表示する「低燃費で走行している」という実感には、不思議なカタルシスがある。それはゲーム感覚とも言えるもの。低速走行でも運転自体を飽きさせない楽しさが生まれる。今乗っている代車についてるのは、瞬間燃費計だけど、いろいろ調べると他に平均燃費や積算燃費を表示してくれる機種もあるみたい。そもそもこのメーターが付いてるからといって、それ自体に燃費を良くする機能がある訳ではない。それなのに結果として、燃費の向上と環境への配慮、そしてドライバーの安全を同時にこなしてしまう── 素晴らし。

以上、ぐだぐだと書いてしまいましたが、何はともあれ、安全運転を心掛けませうというお話で。それにしてもガソリン高いな──。
by hiro_c5884 | 2008-06-04 08:02 | Comments(0)