人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長期戦の様相?

歯を移植した部分のその後の経過。とにかく痛みが治まらないのがしんどい。鎮痛薬が効いている間も鈍痛は治まらないし、鎮痛薬が切れかかると襲って来る痛み、これがどうにもこうにも我慢できない位痛い。鏡を見たら左側の頬がボッコリ腫れて、顔半分おたふく風邪状態。治療中の痛みより、その後の痛みの方がこれほどしんどいとは想定外。こりゃ長期戦の様相を呈して来たか ── 。

それでも食欲だけはあるんだな、これが。だけど痛くて食えない。とにかく噛む事ができないのよ。だから必然的に離乳食みたいな物しか口にしていない。主食はお粥。それに豆腐、プリン、ヨーグルト、栄養ゼリー、etc ── 月曜日の夜から、そんなモンしか食ってない。それでダイエットになりゃせめてもの救いだが、体重計に乗ってガックリ。全然体重に変化無いんだもん;そりゃ、こんな痛みがあるうちは走る事もできないし、考えてみれば「歯ごたえ=カロリー」じゃないしね。

今から恐ろしいのはリバウンド。道を歩いてて、目に入る食べ物の看板を見る度に、この痛みが治まってちゃんと食べれるようになったら、あれもこれも食ってやるぞと、生唾ごっくん、妄想膨らみまくり。食べ物は、禁欲的になればなるほど、リバウンドがデカい気がするのでね。今から注意ですわ。

では、これを読んだ良い子のみんな。食事の後にはきちんと歯磨き、忘れちゃダメだよ。虫歯や歯周病には注意!歯は大切にね;
by hiro_c5884 | 2008-01-24 05:06 | Comments(0)

移植終了!

先日のエントリーでお話した、左上の親知らずを抜歯して左下の奥に歯を移植するというウルトラC(?)な治療、昨日ついにやって参りました。

診察台に上がるなり言われた言葉、「今回の治療は、血液が飛び散りますので、顔に布を被せますねぇ〜」── その後は究極の目隠しプレイ。ビビりまくり;麻酔をして親知らずを抜くまでは、辛うじておおよそ何をされているかは解ったが、その抜いた親知らずを下の奥に移植する際は、何をやられているのか皆目見当もつかず。ただ、むせ返る様な薬品と血の匂い、そして、ガリガリ、ゴォー、キィーン、という顎から頭蓋骨全体に響き渡る音を感じながら、早く治療が済む事を待っているだけという無力感を散々味わう。気がつけば、一時間半強の治療時間。

麻酔が切れて来る頃から段々と、ズッキンズッキン痛みが襲ってきた。抜いた親知らずの場所より、移植した部分が痛む。おまけに顎も痛くて口が開けられない。鎮痛薬を飲んでも痛みは治まらず。当然メシなんかまともに食えるはずもなし。── そこで考えるのは、何故か昨夜食ったラーメンの事。ああ、やっぱりチャーシューを追加で頼んでおくべきだった── 後悔先に立たず。腹減ってるけどメシが食えない。そんな時に考える事なんて、所詮そんな物さ;

口の中を鏡で覗いてみると、歯が一本ちゃんと増えてる。とっても不思議な感じ。でも感覚的には、異物が歯茎に刺さってるって言った方が正確かもしれない。この痛みは、正直辛いな。後は、消毒して、抜糸して、移植した歯がきちんと安定してきたら、その歯を固定する針金を外して ── と、まだまだ治療は終わらないんだけど、とりあえずひと山超えたってお話。とりあえずのご報告でした。
by hiro_c5884 | 2008-01-22 07:07 | Comments(3)

御来場御礼

今年最初のライヴも無事終了。打ち上げの後も例によって真面目に仕事へ──先程ようやく目を覚ましました;来て頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

一夜明けて、今更何を?って話をしますけれど、皆さんそれぞれお忙しい中、貴重な時間を割いてライヴに来てくださっている訳で、もし自分が逆の立場だと考えればですね、その共有する時間を楽しんだり、何かを感じたり学んだり、また明日から生きて行く為の活力というか刺激というか、そんな類いの物を持ち帰る事だったり、はたまた単なる付き合いであったり、興味&好奇心であったり──。
勿論、目的は人それぞれでしょうが、表現する側としてはですね、何かこうそれなりの心構えというか真摯な態度というか、ある種の重みをもっと感じなければならんな──って思う訳ですよ。はい。別に、単なるお気楽&いい加減でやっている訳じゃ勿論ないですけど、妙な照れとか気負いとか格好付けとか──音楽以外の要素に気持ちを揺さぶられたりなんかして──もうひたすら長く続けていると、変なところが麻痺してきて、こんな事じゃいかんなとか、恥ずかしながら、いろいろああだこうだと考えてしまう訳ですよ。こうやってライヴ終了後にこんな事を独白する事自体、至極失礼な話だという事も重々理解しておりますが、鼻たれ小僧の戯言と聞き流して下さいまし。それまでは以上の事を肝に命じ、日々精進して行く所存でございます。では、また次の機会に。
by hiro_c5884 | 2008-01-16 15:37 | Comments(2)

今年最初のライヴ告知

b0075025_222761.jpg世間一般的には連休の最中、皆さま如何お過ごしでしょうか? Secret Colors 久々のライヴがありますので、改めまして告知させて頂きます。連休明けの15日、古い世代にとっては"元成人の日"、場所は高円寺ペンギンハウス。出演時刻は、トップバッターですからPM 7:30頃からになると思います。
一応、フライヤーも作ったんでアップしておきます。ま、新年最初のライヴっちゅー事で、初日の出みたいな、おめでたい感じのイメージで作ったんですが、見ようによっちゃ、落日?夕日?ともとれる訳で、微妙な感じになっちゃいましたね ──。ま、いいか;
皆さま、是非お越し下さいませ〜060.gif
by hiro_c5884 | 2008-01-14 02:44 | Comments(2)

は? 移植?

久しぶりに歯を抜いた。年末から痛み出した奥歯。治療を続けていたが、状態が思わしくなく、抜いてしまわねばならないという主治医の判断。痛みに極端に弱く臆病者、しかも麻酔の効き難い体質(?)のワタシにとっては、抜歯は拷問のような事。しかも、今回はこれで終わらない。まだまだ続きが残っているのよ。

今回、抜歯したのは左下の一番奥の歯。その歯のとなりの親知らずは、数年前に抜歯済み。それが、唯一抜歯した親知らずで、残りの3本はまだしっかりと残っている。で、今回ワタシが行う治療は、健康な上の親知らずを抜歯して、下の穴ぼこが空いたところに移植するという、ウルトラC(?)な治療なんだわさ。ね、そんな事できるのかいな?と思うでしょ。でも、どうやらできるらしいんだわ、これが。技術的な事はさっぱり解らんがね。但し、移植した歯がうまく定着しなかったり、抜歯の際に途中で折れちゃったりと、成功確率は半々くらいという話。医療技術の進歩も凄いが、人の体も摩訶不思議。ちょっと、サイボーグちっくなお話で。

抜歯した傷口がある程度治るまで約10日。それから移植って事になるんだと。初体験な人体実験(?)痛みさえ無きゃいいんだけどさ。ああ、ちょっと憂鬱。
はてさて、どうなる事やら──。
by hiro_c5884 | 2008-01-12 07:00 | Comments(7)

「寒風の鍋」無事終了!

b0075025_0431211.jpg今年の「寒風の鍋」も無事終了致しました。よほど日頃の行いが良いのか、おおよそこの時期とは思えない程、ぽかぽかの日差しに恵まれ、楽しい鍋になりました。参加された方、お疲れさま。で、見た目は昨年と何ら変わらないと思われますが;一応、鍋の完成写真、アップしておきます。

流石に今日は疲労困憊。では、では。おやすみなさ〜い ──。
by hiro_c5884 | 2008-01-07 00:46 | Comments(0)

鍋の告知 〜 買い出し完了

恒例「寒風の鍋」またまた開催!08' 1/6(Sun)江東区新木場 : 若洲海浜公園キャンプ場 Start 11:00 ~ 会費 ¥2000 Secret Colors主催。毎年恒例の新年会イベント。東京湾の突端、新木場若洲海浜公園キャンプ場にて、このクソ寒い時期に野外で「鍋」を食うというCrazyな企画。もう数える事9回目(?)に突入。飲み食いの満足は100%保証。この時期のキャンプ場は、ほぼ貸し切り状態!飲めや歌えや、周りを気にせず思う存分楽しめます。問い合わせ&参加希望の方はこちらまでご連絡を。JR新木場駅より会場までは、無料送迎致します。

以上、HP掲載文をそのまま引用。予定通り明日開催いたします。

本日は珍しく早起きして、鍋の買い出しにかけずり回っておりました。とりあえず、買い出しは完了。後は若干の仕込みを残すばかりです。今年のメニューは、鯛だし海鮮寄せ鍋、ラムしゃぶ、鮭のちゃんちゃん焼きetc...それにデザートにお汁粉。で、今回特別に、田舎から届いた毛蟹二杯を放出いたします。早いもの勝ちでどうぞ。勿論、鍋の具材等、差し入れ持ち込みも大歓迎!どうやら天気予報では、明日はお天気も良さそうなのでね、きっといい感じに楽しめると思いますよ。皆さま、防寒対策を万全にして、お誘い合わせの上、是非ご参加下さいませ〜♪
by hiro_c5884 | 2008-01-05 15:08 | Comments(0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。──とは言え、もう新年も3日。若干、遅ればせながらではありますが、とりあえず新年のご挨拶を。

結局、年が明けても、大掃除は未完了。折からのカロリーオーバーで、動きが緩慢になった肉体。大晦日&元旦と、相も変わらずの仕事。理想と現実のギャップ──。そんなこんなで、何やら世間から遠く乗り遅れてしまった感が強くなって、柄にも無くどんよりと凹んだ気分が続いておりました。

それでも、「いつからでもどこからでも、自分が頑張ればやり直しができる」──と、かの桑田真澄投手がラジオで話していたのを聴いて(正直、そんなに好きな選手じゃなかったけど、話を聴いていると物凄くプロフェッショナルを感じさせてくれるし、なかなか面白い奴ぢゃん!って;)ま、ちょっとだけポジティヴな気分になれたかな。タイミングは外してしまったけど、今日からだって遅くないさ。

はい、頭の中はこんな感じで単純にできてるみたいです;いろんな意味で、もっと人間として成長して行かねば──って思う今日この頃、新年雑感でございました。では、皆さまも、恵み多き素敵な一年でありますよう──。

今年も宜しくお願いいたします。 058.gif
by hiro_c5884 | 2008-01-03 05:46 | Comments(4)