人気ブログランキング |

<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

頭の中は混乱したままですが...

昨夜のThinking Timeから、本日もまだ考え事は続く。とは言え、そう簡単に結論の出る問題じゃないのでね。え?何が?って。そんな事ぁ秘密ですよ。

まあ、ひとつの事ばっか考えてても仕方ないんでね。ネットで見つけた興味深い記事をご紹介。まずは「地球温暖化を解決する4つの方法、ノーベル賞受賞者が考えた奇策とは?」って記事。その4つの方法というのは「地球の大気圏の上層部に硫黄を大量散布する」「地球と月の中間地点に日除けのパラソルを設置する」「軌道上に月の砂を散布する」「地球の表面を白いパネルで覆う」という事らしい。記事によると、最も現実的で環境に与える影響が小さいのが「軌道上に月の砂を散布する」という方法だと結論づけているけれど、これってどうなんだろう。危機的な状況は、我々の想像を越えたスピードで訪れようとしてる。人類の知恵を絞ってこれを回避する事ができるだろうか。技術革新も含め、根本的な発想の転換というか、すべての価値観が大逆転するような時は来るのだろうか。待ってるだけでは始まらない。まずは自分の身の回りから...って事に変わりはないのだけは確か。

で、その環境問題の最大の障害物、人間のエゴや経済原理、そして戦争。それに関連してまたこんな記事も。「米海軍、イルカ兵士を海中警備任務に採用」どう思う?これ。以前にも真偽の程は判らないが、イルカに爆薬を背負わせて「カミカゼ」ならぬ自爆兵器として調教させたという話を聞いた事がある。この記事では機雷除去作業と書かれているが、どういう事なんだろ。ま、警備任務だか何だか知らないけどさ。何でもいいけど、イルカでも犬でも馬でもさ。とにかく人間の争い事に動物を利用するのはやめようぜ。こういう話を聞くと、ホントに胸糞悪くなる。

音楽にしたってそう。アメリカ軍が、敬虔なイスラム教徒であるイラク兵に向けて、神経を逆撫でさせる為にヘヴィメタルを爆音で流すって話も聞いた。自分達向けには戦意高揚の意味もあるらしい。空爆時のBGMに誰それのこの曲を用いたなんて、ベトナムや湾岸戦争の帰還兵のインタビューを読んだ事もある。その度に、強烈に嫌な気分になった記憶がある。効果がありさえすれば、何でもいいのか。頼むから音楽をそんな事に使わないでくれないか...って思ってしまう。

いったいモラルって物はどこへ行ってしまったんだ?人間がそんな愚かな事をやっている以上、この地球は...と、ネガティヴな事をどうしたって考えてしまうけどさ。心のどこかでは、まだね。希望を持たねばと思うのさ。映画「不都合な真実」の最後に、アル・ゴアが「祈るなら、同時に行動を...」みたいな(...うる覚え)メッセージを言ってたのを思い出した。
by hiro_c5884 | 2007-02-20 06:32 | Comments(1)

Thinking Time...

・・・・・・。
by hiro_c5884 | 2007-02-19 07:13 | Comments(0)

今日は家でおとなしく...

今朝は久々に遅い帰宅。疲労困憊であります。外は本降りの雨。おまけに東京マラソンという事で、都内は長時間の大規模交通規制という話。ま、そんな日は家でのんびりおとなしく...本日簡単でありますが、この辺で。おやすみなさい。
by hiro_c5884 | 2007-02-18 08:14 | Comments(0)

バカドラム !?

今夜は、嫌なおねえちゃん(この記事参照w)の邪魔も入らず、深夜のラジオ番組を思う存分楽しみながら仕事ができた。うんうん、満足。(ちっちゃい満足...w)んじゃ、ついでに気になった音源をご紹介すると致しましょうか...。

b0075025_6143580.jpg「Arti E Mestieri ~ Giro Di Valzer Per Domani」

75年発表。このイタリアのバンドの音楽を何と呼ぶかを考えると、プログレでも、フュージョンでもなく、ジャズロックと呼ぶのが最もふさわしいと思える音。メンバーは、Furio Chirico (dr,perc)、Beppe Crovella (ac&el.piano, synth, Mellotron, Hammond)、Marco Gallesi (b)、Gigi Venegoni(g)、Giovanni Vigliar (violin, perc)、Arturo Vitale (sax, clarinet)、Gaza Gianfranco (vo)。

この中の「Saper Sentire」って曲を聴いたんだけどさ。ま、笑っちゃう訳。なんでか?って言うと、もの凄くてw。ラテンっぽいファンキーな曲なんだけどさ。このFurio Chirico ってドラマー、手数の多さというか...何て言うんだろね、こういうの。超絶技巧を大真面目にやってる感じ?Gigi Venegoniってギターの人のプレイも個性的で男気溢れる感じで好印象。みんなタダ者ぢゃない臭いがぷんぷんする訳さ。実は、この人達の事、あまり知らなかったんだけど、ちょっと興味が湧いて来た。これイタリアのグループなんだって事を改めて考えるとさ、なんか不思議な感じもするな。世界は広い!って。単なる世間知らずとも言いますが...w。

その番組では、このバンドのドラマーFurio Chirico氏に関して「バカ」という形容詞を使って紹介していた。そう、この「バカ」ってぇのワタシも良く使うからさ。誤解の無きよう。これ、完全なる褒め言葉としの「バカ」って意味ね。そう「大馬鹿野郎」なんて最大級の賛辞な訳w。このニュアンス判ってもらえるかな?この「バカ」って言葉が、妙にフィットするんだよね。この「バカ」を感じると、めちゃくちゃ嬉しくなっちゃう。でも、言葉って難しいけど面白いな...と。ちょっとしたニュアンスで全く意味が違って来たりするからね。ま、それはそれとして...今日は、いろんな音楽を楽しめてHappyな一日でした。じゃんじゃんw。
by hiro_c5884 | 2007-02-17 06:55 | Comments(1)

脳内感染による独白 !?

普通なら、昼間は学校へ行ってていない奴らがリビングで静かに寝てるしさ。仕事から帰宅しても、家の中の空気が何かどよ〜んとした感じがするしさ。なんだかねぇ...調子狂っちゃうんだわさ。やっぱ健康が一番ね。ホントそう思う。

子供が熱出して寝込んでる時に、不謹慎極まりない発言ではあるけどさ。深夜こうして一人でいると、どこか遠い所へ逃げ出したい欲求みたいなものがどんどん膨らんで来てさ。何だろね、これは。生活というルーティンや、責任という重圧から逃れたいって事なのかな。だからといって具体的なアクションを取る訳でもなく、うだうだ妄想してる自分。人を羨んでみたり、現実逃避してても始まらないのは百も承知。だったら本当は何がしたいんだ?って事を自分に問いかける。言い訳なんかしないで、パキッとそんな生き方ができれば良いんだけどね。自分が、家族が、周りの人々が、心から喜び合え、幸福を分かち合える生き方ってのはどんなもんだろう...とかね。いろいろ考えてしまう夜なのでありますよ、柄にも無くw。

こんな事、いちいちブログに書くなんて、とうとうインフルエンザウィルスが脳内に感染したのかもしれませんなw。皆さま、くれぐれもご用心!
by hiro_c5884 | 2007-02-16 05:43 | Comments(1)

我が家のバレンタイン報告

やっぱ予想通り。上の息子に続き、下の息子も朝から発熱。インフルエンザでダウン。夕方、学校から通達が来て、本日より学級閉鎖だそう。看病でずっと一緒にいたカミさんも、夕食後から何やらゲホゲホ始まった。ヤバい。え?ワタシ?バカは風邪引かないとは良く言ったもんでございますw。仕事休んでられねぇからさ。

例年なら、このバレンタインデー。ふたりの息子達の悲喜こもごもがあってなかなか愉快な日なんですがね...。最近の子供達なんて、もう幼稚園くらいからチョコレートが乱れ飛んじゃってる訳。誰が作った習慣か知らんが、子供には罪な感じもするがね。まあ、世の中の厳しさ(?)を知るにはこれはこれで良いのかな?

上の息子は、甘い物はそんなに得意ではない。それでも毎年バレンタインデーには何故かチョコレートをもらって帰ってくる。それに比べ、下の息子は大の甘党。チョコレート大好き。(父親に似た?)それなのに、今だ女の子からチョコレートをもらった事がなく、いつも兄貴のもらったチョコをうらめしそうに眺めるのみ。その落胆してる光景たるや、申し訳ないけど毎年おかしくってね〜。大丈夫、F太。お前もいつかは女の子からチョコレートもらえる日が来るさ...。いくら食べたくても、兄貴のチョコに絶対手を出さない、お前のそのちっちゃなプライドを誇らしく思うぜw。今年はそんなこんなで寝込んじゃってるからさ。彼にしてみれば、不幸中の幸い(?)だったのかもだけど...って言ったら失礼かw。

ちなみにワタシは、仕事上少々の義理モノと、カミさんからのチョコレートケーキを食し、とりあえず甘党としては満足な一日でありましたw。あ、重ね重ねにはなりますが、皆さま、インフルエンザにはご用心。うがい&手洗いを...。
by hiro_c5884 | 2007-02-15 05:55 | Comments(4)

インフルエンザにご用心!

深夜になって、ぽつぽつと雨が降り出してきた。今日は荒れ模様の天気なのだそう。しかも春一番が吹くとか吹かないとか...マジですか。まだ2月半ばだぜ。

一昨日くらいから体調を崩し寝込んでいた上の息子が、連休明けというので病院へ行ったら、何とインフルエンザだと。熱は38.5℃くらいだったから、まさかとは思ったんだがね。今年のインフルエンザはA型だかB型だか知らないが、そんなにポンと熱は上がらないタイプとのお話。例のタミフルだのという特効薬(?)を処方されて帰って来た。これ一昨年くらいの鳥インフルエンザ騒ぎの時だっけか?タミフルによる副作用の問題とかで騒がれたのって。しかもこのタミフルなる薬、副作用の症例が報告されているのにも関わらず、日本の厚労省が異様に早い審査で認可し薬価基準にしちゃって、それが当時のアメリカの国防長官ラムズフェルドとの関係(タミフルの特許を所有してるギリアド社の会長がラムズフェルド)やアメリカからの圧力だ...なんて話が取りだたされていたが、そんな話も全然聞かなくなった。副作用問題は解決されたのか。どうなってるんだろ。ま、だからって、医者の処方した薬をNO!と言うのにも突然の事で勉強不足だったりする訳でさ。こういうのってホント難しいよな。熱にうなされてる息子を前にすると、正直なところ手も足も出ない。医者を信用するしかないって事になっちゃうのかね。

カミさんの話では、学校ではこの連休明けで爆発的にインフルエンザが流行しちゃったみたいでさ、授業を午前中で切り上げるみたいな話も出てるとか出ていないとか...。ま、皆さま、外出後はうがい&手洗い。用心に越した事はありませんぜ。とは言え、我が家も全滅の危機でもある訳だからさ。ここはひとまず、気合いだ!気合い!って事になりますでしょうか。寝込んでる程、暇ぢゃねぇよ。全く。
by hiro_c5884 | 2007-02-14 06:40 | Comments(2)

愛だよ、愛!

今回のリハも無事終了。参加されたメンバーの皆さまお疲れさまでした。で、いろいろ帰宅中の車内で考えた。ちょっと書いてみるべか。若干こっ恥ずかしいが...。

よく、全く何も無いところから突然新しい事は生まれない...みたいな事を言われるし、模倣(コピー)はオリジナリティの最大の近道だって考え方も大いに一理あると思う。それすらしないで、いきなりオリジナリティ溢れる表現をできる人もいるかもしれないが、そんな人はごくごく稀な人だろう。あのエジソンを持ってしても「天才は1%のひらめきと99%の努力からなる」って言ったくらい。努力するのは絶対に必要なのさ。でも問題は、その努力の仕方。型にはまったカリキュラムに苦痛を覚えながらも取り組むのは、それこそ「産む機械」ならぬ「表現する機械」(?)のようなもの。かといって、なかなか効率的な練習方法ってのは個人差や目指す方向性があったりで、これといった確実な方法がなかなか無かったりする。

で、思うのはさ。結局、対象への愛って事なんだと思うよ。要は、どれだけ愛せるか。音楽だって絵画だって文学だってみんなそう。それが表現の核や自分の行動へと必ず繋がって来る。素晴らしい音楽を聴いて、その音楽を自分でもやってみたいと思う。そして、その音楽を一生懸命に模倣(コピー)して、自分で奏でられた時の喜び。できないと思ってた事が、練習する事でできるようになった喜び。そして、それが違った形ででも、他の人の心を動かしたり伝わったりした事が更なる喜びを呼んで、対象に対する愛がまた深まってゆく。その繰り返し。それを心から楽しむの。そんな綿々と続く表現の大きな流れの中に自分が存在している事を感じる事。更に、それは自然とか地球とか、果ては宇宙まで...って言ったら話は大きくなり過ぎだと思われるかもしれないけれど、ま、それは本当にそう思うんだよね。そういう過程を経た上で、初めてオリジナリティという事が言える訳で、ただ闇雲に待っているだけとか、下手な鉄砲...とかじゃダメなんだ。自分で探しに行かないと。簡単に答えは見つからないけど、大丈夫さ。愛があればね。なんちってw。

個人的にもね。もっともっといろんな意味で上手くなって、良いミュージシャンになりたいと切に思う訳ですよ。その為には、たくさん心を動かして、もっともっと愛せるようにならんとね。そんな人になりたいと思った夜でした。(;^ω^A
by hiro_c5884 | 2007-02-13 03:20 | Comments(4)

買っただけでも大ニュース?

建国記念の日。これ「記念日」じゃなくて「記念の日」が正しいんだと。それは、建国された日とは関係なく、単に建国されたということを記念する日であるという考えによるものなんだとさ。はい。まめ知識終了w。

で、本題へ。仕事へ行く前に本屋へ寄ったの。別に欲しい本があった訳じゃなく、ただぶらりって感じで入ったのさ。そしたら、買っちゃいましたよ。遂に。普通は完読してからレヴューするって形だけど、今回のはまだ読んでませんw。ただ、買った事自体が個人的には大ニュースって思ったのでね。笑わないで聞いてけろ。

b0075025_2393771.jpg「Allen Carr著 〜 禁煙セラピー─読むだけで絶対やめられる」

世界15ヵ国で翻訳され、イギリス、ドイツ、オランダで毎年ベストセラー!! 成功率90%。本書であなたはタバコへの心理的依存から完全に解放される。 精神力はいらない、禁断症状がない、太らない、ヘビースモーカーほど簡単、代用品不要、誰でもすぐにやめられる。すべての喫煙者が待ち望んでいた奇跡的禁煙法を紹介。

まず、もくじを羅列してみましょう。私は世界一のニコチン中毒患者だった...なぜこんなにやさしく禁煙できるのか...なぜ、タバコを吸うのか、理由が答えられますか...あなたは罠にはまっている!...タバコを吸うのは、なぜ?...タバコは習慣ではない、麻薬中毒だ...タバコ社会の強烈な洗脳...タバコは何も与えてくれない...ストレスを和らげるという幻想...と続きますw。更に目に止まったのが、タバコをやめて失うものがあるか?...精神力でやめようとするな...禁煙すると太るって本当?...と来て、素晴らしい真実が見えるとき...さあ、最後の一本を吸おう...だよw。

単純過ぎると言われるかもしれないが、このもくじを見るだけで何となく「これ行けるかも...」って気になって来るw。禁煙のプロセスってさ、苦しいのを耐え忍んで...って感じにずっとイメージしてたけど、ひょっとしたらそういう事じゃないのかな...と思うようになって来た。うまく言えないけど、パキンとスイッチが入れ替わるみたいに、タバコを吸いたくなくなるというか必要で無くなるって感じ?う〜ん、まだちゃんと頭では理解してない状態なのでね。何とも言えませんが...。

ちょっと前に、この本の著者の死去のニュースがあっよな。それもこの本を手に取ったきっかけでもあるしね。何かいろんな事が、ワタシを禁煙へ向かわせているような気がしてるんだよねぇ。とは言えこの本、すぐに全部は読まないよ。ゆっくり刷り込ますように読んで行こうと思ってる。ちょっとづつね。さ、この結果はいかに?果たしてこのブログ上での完全禁煙宣言の日は来るのか? 乞うご期待!!

メンバーの皆さま。本日はリハね。まだタバコは吸ってるから。あしからずw。
by hiro_c5884 | 2007-02-12 03:38 | Comments(4)

Money Money Money...

皆さま、素敵な連休を如何お過ごしですか?いや、別に皮肉を込めて言ってるんじゃないですよ。休みはひとそれぞれ...。ワタシはって言うと、今宵も仕事だった訳でございます。で、職場に捨ててあった日刊ゲンダイをチラ読みしてたら、面白い記事があったので新聞を破ってポッケに。それをご紹介いたしましょうw。

題して「イラク戦費で何が買えた !?」。ブッシュ米大統領が始めた「テロとの戦い」の戦費が、総額8000億ドル(約96兆円)まで膨らんだ事を受けて、このとてつもない金額である対テロ戦費で、いったい何が買えたか ── って記事。

「世界中の地雷を撤去」一個あたり最低300ドル(3万6千円)のコストで、推計6〜7000万個すべてを除去すると計算して、費用は2兆5200億円。戦費のたった2.6%。これで不幸にも地雷を踏んでしまう人はいなくなる...と。他にも「バーミヤン遺跡復元」で、4〜5000万ドル(約48〜60億円)。「核兵器撲滅」世界に保有されてる核兵器3万発、それの1発あたりの解体費用が輸送費も含め、約12万ドル(約1440万円)さらに有毒な液体燃料の安全な処理に8万ドル(約960万円)締めて7200億円也。そして、世界中の飢餓と栄養失調に苦しんでいる人々8億人に、単純計算でこのテロ戦費を割れば、一人当たり12万円分の食料が渡せる。餓えや貧困がテロの温床と言うのであれば、こっちの方がよっぽど効果的な気もするが...。

そんなアメリカも、2年以上前に12カ国で計22万人以上の死者を出したスマトラ沖地震の際に拠出した支援金は3億5000万ドル。しかもこれは内外から少な過ぎると批判されてのもので、当初予算はその10分の1の3500万ドルだったというケチりぶり。ちなみに支援金の総額は、45の国や地域から42億ドルだったとの事。

ふぅ〜...と。真面目に新聞記事丸写ししちゃったよw。そう言えば何年か前に、村上龍が「あの金で何が買えたか」って本を出してたよな。それのパクリ(?)&最新版みたいな記事だったってぇ訳だ。でもね。単純に考えてさ。この戦費で大儲けした一握りの人間に対して、どれだけ多くの人の命が奪われ、世界中に怒りや憎しみ悲しみの種が蒔かれたかって事との逆に、お金の使い方によっては、もっと平和な世界へと導くだけの力があるって事さ。お金自体が持つポテンシャルというか、言い方を変えればそれが人類の力でもある訳だから、その方向性さえ変化させれば、結構ポジティヴな見方もできるな...とか思ってみたりさ。ちょっと単純?

自分を例にとってみると、タバコw。一日二箱。計600円換算で、一ヶ月1万8000円。自分の快楽(?)と引き換えに、周りの迷惑&自分自身の肉体を傷つけて...その金があったら、代わりに買える物と言えば...って、おいおい!そっちへ行っちゃうか?(笑)これも突飛に話が飛躍してるようで、実は繋がっているような...。何だかねぇ〜。また自分を禁煙へ追い込もうっていう自虐記事かよ(爆)

ゲッ。なんかえらく長い記事になってきちゃった。で、結論としてはですよ。
♪よ〜く考えよぉ〜、お金は大事だよぉ〜...って事になるかな。お粗末w。
by hiro_c5884 | 2007-02-11 04:25 | Comments(0)