ニコチン依存症の告白

今更告白するまでもないですが、ワタシは筋金入りのニコチンジャンキーであります。初めてタバコを吸ったのが確か小学校4年生。親戚の叔父さんの忘れ物、ハイライトに手をつけたのが最初でありました。で、ふと気付くと、自分の息子がその年齢に近づいているのでありますよ。こりゃちょっと考えにゃいかんかな...と。

完全に中毒状態になった(恐らく)のは、中学2年生頃。それ以来、一日たりともかかさず、せっせと煙の形で税金を納め続けているといった具合であります。思えば、実家を飛び出したのも、誰にも文句言われずにタバコを美味しく吸いたい事が、数あるモチベーションの中のひとつだった気もするんですよ。そのタバコを吸わない間隔ってぇのも、寝ている時間を除けば1時間も空くって事はまれで、チェーンスモーカーとは申しませんが、それに限りなく近い状態ではありますね。きっと。それほどタバコというヤツは、ワタシの人生と深く関わってきている訳でありますよ。一日に二箱。単純計算で、年間約22万円(実際はそれ以上)をタバコ代に費やしてる訳ですよ。今迄に費やした金額を考えたら、軽くベンツくらいは買えるんじゃないかなw。タバコを吸わない方には「そんなアホらしい事さっさと止めちまえばいいのに...」と単純にお思いになるでしょう。そうです。その通りですw。考えてみれば確かにアホらしい。でも、この長年に渡り染み付いてきた習慣に、きっぱりけじめをつけるというのはそう簡単な事ではなさそうでありますよ。

というのはですね。昨夜、何を思ったか、仕事中に禁煙してみようと思い立った訳ですよ。これ、生まれて初めての事ですよ。マジで。でもたった5時間で撃沈しましたねw。それと同時に、いかに普段このニコチンってヤツに依存して仕事をしてるかって事を、嫌という程思い知らされましたよ。この道を通る頃に一服、ここの曲がり角で一服、この空き時間で一服...といった具合に、タバコを吸う事自体がルーティーンになっちゃってるんですね。で、その時に吸わないと、その事ばかりに意識が集中してしまって仕事も上の空。もう、完全なジャンキー状態ですねw。う〜ん、このニコチンってヤツに「支配されてる感」ってぇのが、心の中ではたまらなくムカつくのですが、支配されちゃってるんですよね〜...やっぱりw。

いつの日かこのブログ、「禁煙日記」になるやもしれませんぞw。本日の記事はその序章の序章の序章くらいに考えておいて下さいましw。今日から止める!なんて言える程、ワタクシ強固な意思は持ち合わせておりません。が、いつの日か...。地道な自己暗示&洗脳作業を施しつつ、来るべき時に備えましょう...って、こんな事書いちゃっていいのか?オレ。揺れ動く心で、ちょっと一服...。(_ _)y-~~
[PR]
by hiro_c5884 | 2007-01-25 06:39 | Comments(2)
Commented by Queseran at 2007-01-25 09:11 x
そんなに仲良しなのになぜにやめようと思い立ったのかしら。
私がやめられないほどに支配されているものって何かあるかなぁ。
まぁ、無理なさらず徐々にさよならするのがいいカモ?え、するの?w
Commented by hiro_c5884 at 2007-01-26 06:23
Sさま、Queseranさま、コメントありがとうございます。
お答えというか何というか、本日の記事も禁煙ネタになってしまいました(汗)揺れる男心の独白でございますw。生憎、禁煙宣言をするまでの心の状態には至っておりませんが、いつの日か...。それまでは人間ドキュメントとしてお楽しみ頂ければ幸いでございますw。脳みそがストライキを起して、周囲に危害を加えるようなマネはいたしませんのでw。徐々に徐々に...。
<< セルフセラピー禁煙準備編? 「著作権軽視、バー経営者に有罪... >>