今宵の気分で...

冷たい雨の一日。今年初の正月競馬"金杯"があったようだが、何故かその事に関する記憶が無いw。夜になって雨は上がって静かな夜。で、こんな音楽を聴いた。

b0075025_4253569.jpg「Chet Baker ~ Oh You Crazy Moon」

Chetの死後Enjaで発表されたTHE LEGACYシリーズのvol.4。78年12月のライヴ録音。メンバーは、Chet Baker(vo,tp)、Phil Markowitz(p)、Scott Lee (b)、Jeff Brillinger(ds)。高音がで出ない箇所があったりもするが、この時期のChetにしては好調な感じ。Phil Markowitzの端正なピアノとChetの相性良し。音数少なめのこの空気感が、いろんな想いを喚起させてくれる。そんな音楽。

Chet Bakerって言えば、若い頃の「Chet Baker Sings」とかなんだろうけど、こんな晩年のマイナー盤ってとこがミソ。晩年の彼の"枯れた"魅力ってぇのも捨て難い。こんなに無茶苦茶な人生を歩んだ人もそうはいないだろ。光と影のコントラスト。演奏に気負いがない分、淡々とそれを浮かび上がってくる。喪失感とか無常感みたいなものが、美しい音色となって昇華されて心に響く。深くて不思議な音楽。

Bruce Weberが撮ったドキュメンタリー「Let's Get Lost」とか久しぶりに観直してみたくなった。どうして今宵、Chet Bakerなのか。深読みは禁物。それは"金杯"の記憶との関係は一切ございませんので...。あしからずw。
[PR]
by hiro_c5884 | 2007-01-07 05:11 | Comments(0)
<< Happy Birthday ... "いい曲"... >>