希望 ~ ten years after

9.11から十年、3.11から半年の昨日、全国でいろんなイベントやらデモやらが開催された様子。参加された皆さま、お疲れさま。ワタシはと言えば、結局デモに参加することもなく、仕事へ行っていつもと変わらぬ一日を過ごした。

悪夢のような現実からそれぞれの月日が流れ、状況は好転するどころか、どんどん悪化しているように感じられなくもなく── アフガン、イラク、その後、自らの正義を失ったアメリカ。テロとの戦いは永遠に終わらない。国民の命より原発利権を重んじ、放射能被害を矮小化しようと情報統制に躍起になっている我が国ニッポン。あたりを見渡すとあっちもこっちも── 世界は相変わらず狂ったままだ。

核廃棄物処理まで含めるとどう考えたって未完成で不可解な日本の原発産業も、アメリカ軍事産業の一環、対米従属依存関係と密接に繋がっていると考えれば、全ては陰謀論的に片がつく。でも真実の程はわからない。物事はもっともっと複雑で、いろんな思惑と利権が絡まり合って解けなくなっているんだろう。人間同士の憎悪の連鎖もそう。パレスチナの国連加盟申請もアメリカは拒否権行使を警告してる。アラブの春でいっそう孤立を深めて行くイスラエル。この先、何が起こるんだろ。でも実は、こちらの元凶はイデオロギーでも宗教でもなく、貧困なのかもしれないという皮肉。 未だに経済成長が幸福への近道だと信じて疑わない人々。人間の欲望に終わりが無い以上、経済の成長神話の崩壊なんぞ分かりきっているものを──。いつまでも風船は膨らまないよ。あっちこっちで破裂してる。

目を閉じて、希望を語るのは簡単。答えなんてどこにもない。でも今変われないで、いつ変われると言うのだろう。この絶望的な現実を凝視して、それでも尚、希望を語らねば。それはもう、本当にくじけそうで困難な道ではあるけれど、笑って、愛し合いながら生きて行こう。全ての人々に平和が訪れますように──。
[PR]
by hiro_c5884 | 2011-09-12 04:13 | Comments(2)
Commented by アヒルちゃん at 2011-09-12 16:38 x
いろんな手段はあるだろうし、オモロイことして未来を掴めたらね!
これからの子供達につけを少なくするのは、ホント”今”しかないと思う。いろいろよろしゅ〜
Commented by hiro_c5884 at 2011-09-12 18:55
おっ、コメントありがとさん! バラサバラサ。
どんな未来を子供達に託すかは、大人の責任だからねー。いや、ちゃんとした大人にならないと... こちらこそよろしゅ〜
<< またもや告遅 週末は小作へ! >>